OPP封筒とCPP封筒、2つの透明封筒の特徴を徹底比較

透明封筒の正式名称を知っていますか?ビジネスシーンや日常生活のちょっとした場面で便利に活躍する、中身が見える透明な封筒、もしくはフィルム封筒やビニール封筒と呼ぶ方もいますが、正式には「OPP封筒」または「CPP封筒」という名前があります。この「OPP」「CPP」とは使用している素材のことで、ちなみに、取り扱い業者の間では単に素材の名前でやり取りすることも多いです。OPPは「Oriented Polypropylene(2軸延伸ポリプロピレン)」の略称で、CPPは「Cast Polypropylene(無延伸ポリプロピレン)」の略称です。OPPとCPPの二つの素材の封筒があるのは、それぞれに特徴があり、長所と短所があるので、必要な場面に応じて使い分けすることができるからです。

OPPは「2軸延伸」という名前の通り、原料であるポリプロピレンを縦方向、横方向に伸ばして作ります。そのため、パリっとした手触りをしていて、手で引っ張っても伸びません。軽くて薄く、良く見るとCPPに比べて透明度が高く、コスト面で優れているのも特徴です。また、印刷したときの仕上がりが良く、商品包装などによく使われます。ただし、引っ張り強度がCPPに比べて低いので、防湿性は高いのですが、袋の側面などが裂けやすいという弱点もあるので、液体や重みのあるものを入れるのには適していません。

CPPは、触ったときに触感が滑らかでやわらかく、手で引っ張ると伸びます。CPP封筒は引っ張り強度が高く、裂けにくく丈夫なので、比較的重いものや、破れて困るものなどを入れるのに適しています。OPP封筒と比較すると透明度は若干劣りますが、見る人が見ればわかる、という程度です。

従って、透明度の若干の違いはあれど、OPP封筒とCPP封筒は、見た目で判断がつかないことも多いです。その素材がOPPかCPPか区別するには、引っ張ってみて伸びるかどうかを見てみるのが確実です。もし引っ張って伸びるようであれば、CPP封筒という判断ができます。

熱により素材同士をくっつける(溶着する)ことをヒートシールと言いますが、ヒートシールの性能はOPPよりもCPPの方が優れています。また、ボイル(茹でること)に対する劣化耐性も、CPPが優れています。ただし、特性として、極端に温度が高い場所、寒い場所では強度が低下するという性質も頭に入れておきましょう。湿度の高い環境に強いのは、CPPよりもOPPに軍配があがります。しかしながら、OPP封筒は接合面が破れやすいので、液体・粉末の包装には不向きですので注意しましょう。

このように、OPP封筒・CPP封筒のそれぞれの特徴を知っていれば、利用目的に合わせて透明封筒を選ぶことができます。